ホーム > > カードローン暗証番号の不正取得に注意

カードローン暗証番号の不正取得に注意

カードローンに限らず、一般に暗証番号の設定されているカード類は、暗証番号の管理に注意することが重要です。
万一不正に取得されてしまうと、あとはカードさえあれば自分になりすましてカードローンが引き出せてしまうということになってしまいます。

まず、常識的、基本的なことですが、誰でも番号が分かる、あるいは想像できるようなものにしてはいけません。
自宅の電話番号、住所番地、自分や家族の生年月日などが当てはまります。

また、番号の使い回しをしないことです。
上に挙げたような番号にしていなくても、他のカードと同じ番号にしていては、一つが漏れた場合に全て分かってしまいます。
面倒でも一つ一つ変えておくことが無難です。
ちなみに、これは他の「カード」だけには限りません。
例えば、自分が良く使うロッカーの数字暗証を、ついついそれと同じ番号にしていませんか。
さらには、暗証番号入力時にも注意が必要です。
誰かに見られていないか、周囲をよく警戒するようにしましょう。
参考はカードローン主婦審査123|カードローン審査に通るコツを伝授こちらです。